かのちゃーの話し

  • 2018.07.20 Friday
  • 23:11
20180720105339.jpg
だいぶ前から、国語の勉強が
とか
やまはの先生が
とか
手紙が

とかとか

言うてたカノチャ


今日やまはに行くのに、手紙を持って、しかも、結構な分厚さ

ヤマハの先生に渡すねん。

どぞどぞ


言いつつ


ししょーの所へ反省会。

という名の
つきももさんところに来てる、alittleさんのブツを見に行く。あんど、つきももさんにお礼を言いに。


そしたら、カマモトさんが来て

びわいち。
makanaiyaさん、うち、つきももさん、カマモトさん、四軒並んでたの、さいこーでしたよね。
って、いう反省会に。




そして…
また布を大量に買ってしまう…
知ってる
alittleさんのおっかけしてるぐらいだから、買うよねー


な、


あと、いつも通りつきももさんところで、カノチャはリボンを買い、お人形の水着を作るんだって。





あと、ひとつ、
つきももさんは
いろんな人に愛されて
いろんな人を導いて
いろんな人が集ってくる

そういう人のそばに寄れることに感謝してしまった。しまったって(笑)

たくさんの事がわーって出てくる。まだまだだなぁ。
人生。




そしてねー
やまはに行くとねー
かのちゃん、『ありがとうと、言いたい人に、ありがとうの手紙を書こう。』
と、いう
国語の授業だったんだって。



なんだかなー
いつでも、こどもたちに教えられるなー

さっそく
帰り道、大切なmちゃんに、明日は乳がん検診で、近江神宮行けないから、持ってるかもだけどの、差し入れを持っていったり。


私が出来ることは、人を好きでいることしか出来ないんだよねー

裏切られても裏切られても裏切られても
ただ好き。
それだけなんだよねー


子供は純粋だわ

ある人の言葉が思い出される


ちゃんと愛せてるかな
って、泣いたときに
そう思うことがもう愛せてます


って。


いやぁ。
深いよね。

ちゃんと、
寝ちゃったあとだけど、
『生まれてきてくれてありがとう、今日も一日ありがとう、明日もよろしくね』
っていう
魔法の言葉をこどもたちに
かける


いちばんはね
自分で自分を愛してあげなきゃ
許してあげなきゃ
そして、ごめんねって思ってあげよう
大好きだよって、言ってあげてね


カノチャーは、お母さんを助けるために生まれてきたんだろうね。
ちゃんと愛してあげてね。
かのちゃん自分の事を。
愛してあげてね。


それをママは教えてあげるためだけに、存在するんだから。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM