さてさて。一応次の事は

  • 2019.09.17 Tuesday
  • 21:59
IMG_4555.jpg
次は、10月27日(日)と28日(月)の、南草津福井アパートでの、アパデパになります。
日曜日だけ1時ぐらいまで別のものが立つと思いますが、それ以外は、わたしです。

今回のうみふぇす
毎回、什器もレイアウトも、その主催の主旨によって、その都度ミーティングしては、変えていきます。

花さんとも話してたんだけど、やっぱりロハスが大きい。

ロハスでの、大きな方のブースで、いかに展示するか。いかに什器をコンパクトで、テーマに沿った(ロハスの場合、私のテーマが、ブースのテーマがひまわりで、作品のテーマが90年代だった。ロハス自体は、そのものがテーマなので、ロハスに合わせて。ということだよね。)

その時の、経験は、なにものにもかえがたいよね。と、今回も2人で話しました。

下鴨での、搬入搬出と、海外からや日本全国からの観光客との、会話も、すごく経験になっています。

わたし1人の時の、大阪のアートバザールでは、商品を作る粘り強さとか、出店での孤独さとか、あの時の100点以上作るというチャレンジが今の、アクセサリーのなんというか。出来ては、ないけど、丈夫や、ほんの数ミリのバランス感覚や、そんなのが、あるのは、あの時の経験だし。

ビワイチでは、自然との対策。暑さ。ロハスも、雨との、対策が完璧に出来るように。

ひとりでのアパデパでは、その場や人や、主催の人に合わせて、当日の朝、現場でレイアウトを全て変えていける、そんな、臨機応変さで、あったり。

今回も、メインイベントが、他で多々ある中で、休憩場所として、どれだけ、休憩してもらえるか、
引きつけていけるか、色や視覚、そして、やはり、身障者のおひとでも見やすいように。とか。
リーダーのつきももさんが、そんなような想いも受け止めてくださってて。しかも、完璧な小さなマルシェのレイアウト。すごい。尊敬する。

花さんのこれはこうじゃない?と、会話で、ひとこと発したら戻ってくるレスポンスの早さとか。

ゆるーいわたしが、
そうやって、周りのひとたちに支えられながら、にょきにょき、嬉しくなってるのです。

来れなくてとかで連絡もたくさんもらって
来てくれて大盛り上がりして、

会場を楽しんでいるたくさんの人に、立ち寄ってもらって。

会場によって…主催が違えば…
全く作戦が変わってくるので、おもしろいなー
と、花さんと、行きも帰りも、大盛り上がりなわけです。


次の日に
朝からトイレに手を突っ込んで、磨き上げて、
朝からシンクに手を突っ込んで、磨き上げて、

やっとこさ。その時その時のイベントが終わるわけです(笑)ふふ

まー徒然なるままに
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM