やくちゃん

  • 2019.03.14 Thursday
  • 23:19
IMG_0627.jpg
やくちゃんがお友達と遊ぶ前に?撮ってた写真。



ルークペリーが亡くなったり
なんやかんやと
たくさん、心動かされたけど、考える暇なく進んできた。

不思議な事に、止まることは無いんだなぁ、と、常に何かに気付かされる、日々。


おじぃちゃんは、すごく厳しくて、怖かったけど。
私はおじぃちゃんっ子でした。
たぶん。

しんでだいぶたつ、今でも寂しい。

ときどき、思い出されるのは、「人の和」を大切にしなさい。と、いう言葉。


みきえ、人の和を大切にしなさい

と、言われて育った。

意味を教えてくれたのは、大きくなってからだけど。
おいえには、「和」と、書かれた、額が。



なんかね。
20歳を超えてしばらく、いや。30まで。

「きらい」という人はいない。
と、思って、いや、真剣に本気に。
思ってきた。

20代まで、「サトラレ」(笑)わかるかなー
自分だけ知らないけど、自分の心の声が、だだもれっていう、漫画(笑)

サトラレでも大丈夫って、思ってた。
思ってることと、やってることが、こんなに一致してるなんて。って、ぐらい。

素直だった。

いま、「きらい」な人はひとりもいない
ただ、「他」という存在を認めるようになった

サトラレでなくても、大丈夫ってわかった(笑)


変化したり成長したりして、
でも
自分を褒めたげたいなぁ、ってのが、いっこあって。
ずっと変わらないのは、
不貞腐れなかった
と、いうこと。

ちゃんと、ふてくされなかった。


自分が心に思う、キラキラを、ちゃんと大切にしてきたこと。


私のキラキラを見た事がない人は、私を傷付けようと、近付いたり。私のキラキラを見た事がない人は、何も考えずに、踏んで通ったり。


私も同じ事を、しているかもしれないので、
私は、人にとことん甘い。
そんな人も好きでいるんよね。

えらかったなぁわたし
と、思うのは、心のキラキラを無くさないでいた事。


ただ、今に至る行程として、
ショックを受けた、傷付いた、ひどいことをされた

されてない、その人は悪くない、私が悪かったんだ

と、思わない
ちゃんと、悲しみを、事実として、抱きしめて上げれるようになった


めんどくさいひとだよねー(笑)
てまのかかるひとだわー(笑)



感謝しかないのね。
ずっと。
そして、まいにち、ないちゃうくらい
私の事を、愛してくれるともだちがいること。
会えなくて遠くても
状況が変化して今は会えてない友達も

変わらず
がんこな、私は、また、自分のキラキラの、思うがままに、突き進む←あ、なんか(笑)いやなやつ?(笑)

それを手助けしてくれてありがとう。

ときどき、まじめ←(笑)



コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM