ひさしぶりに

  • 2018.11.06 Tuesday
  • 04:19

20181106035704.jpg
明日が、どうしよう!

ってことがない日


むちゃくちゃ早く寝ちゃったので、こんな時間に起床

かといって
ガタガタ用事出来るでもなし





台風後初の墓掃除を
竹がだいぶなぎ倒されていて
そうかぁ

おもいながら


畑も
おばぁちゃんの気分転換に
やっぱり好きなんだろうなぁ
ほうれん草掃除しといたるわー
言うたら、ずるずるとこけていきながらも
さっさと
ベテラン

気持ち良かったー
お父さんが入ったあとの畑は整列していて

性格がすごく見える。
杭も全部均等で整列している(笑)

奥の方に続くちっちゃい玉ねぎたちには、
鳥が、ひょこひょこ歩き回っていて
そりゃぁ、こんだけ気に溢れていたら来たくもなるよなぁ


と、

なすびを取りながら
私の目には、なすびがぜんぜん見えないのよね。
まったく。
無いようにしか見えない。


でも
座っているおばぁちゃんからは、むちゃくちゃ見えるらしくて、杖であっちやこっちや言われながら取る。

目が良いねん言うてたけど

ちゃうねんな
なすびを見ることが出来る目なんだよなー


でも
あんしんして
おばぁちゃん。
私は、土いじり全くしたいわけちゃうし(笑)お母さんとおばぁちゃんが、好きなんだったらするし。

言うたら、無視されたけど(笑)くくく


まー、ソファの周りが植物だらけで癒されるー言いながらblog書く人なんだから、なんとも言えない(笑)



ひとしきり、どーしたこーしたも、聞いて。
ミキエはいそがしいから、っていうおばぁちゃんに、また来るわー、次は綺麗になったし、墓参りやなー言いつつ。

東北行かへんか?台湾が良いかな?
言うてるおばぁちゃんは、まだまだ元気です。



帰りの車の中で、身体中が震えるほど、自分の中で、『ちから』が湧いてくるのがわかる。


うまれたところの、地に触れて、食に触れ、想いに触れ、
わたしは、ちっちゃい人間だけど、周りに支えてくれているものがあって、生きている。そういうことが、わかる。


こどもたちに、明るい太陽のように陽を照らす
そんなような、母親であったことを、思い出す。



はるかさんの、修学旅行のでっかい、もみじ饅頭の箱も、持っていく。うちがあげたお小遣いやけど、泣きながら食べるわ(笑)
言うてた。

たぶん、ヒラ家も、全く同じことを言いながら、受け取るやろうなぁ(笑)
と、思いながら帰宅。

うちの娘さんは、よぉ出来たお孫ちゃんです。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM